ストレイドッグ

ストレイドッグとは

国家に回収されていないドールを総称する

持ち主のいないまま生活をしている野良ドール、
誰かに拾われ不法所持されているドール、
生きる為犯罪に手を染めるドールなど
様々なドールがいるが、それらは全てが特捜の回収対象である。

野良ドール

持ち主のいないままに身分を隠して生活するドールもいる。
電力や栄養不足で弱っていることが多いが、
稀に街で働いて得た金で電力や栄養を買って生活しているドールも報告されている。
その裏には必ず闇バイヤーの姿があるので、注意されたし。

不法所持ドール

誰かに拾われ不法に所持されるドールもいる。
ドールと分からず拾う者、進んでドールを引き取る者それぞれ存在するが、
ドールの不法所持は犯罪であり、状況によって禁固2年~30年程の判決が出る。
最も厄介なのがドールを愛玩用に集める闇コレクターの存在である。
ドールを集める他にも、ドールを”作る”ことさえするのだ。
この類いには重い判決が下ることになる。

ヒールサイド寄りのドール

生きる為にと犯罪に手を染めるドールも少なくはない。
また、ストレイドッグの中には人間を憎んでいる者もおり、
ドールが人間を襲ったり、攫ったりといった事件も後を絶たない。
闇医者や闇バイヤーといった者達と繋がっている場合が多く、
中には規格外な改造を施した個体もいるとの報告が上がっている。各自注意されたし。

ヒールサイドの人間に所持されるドール

拾われたドールがさらに改造され、ヒールサイドの人間に使役されることもある。

ストレイドッグ、特にヒールサイドにいるドールは生きたまま捉えるのが難しい。
抵抗が激しい場合が多く、ポリスサイドと戦闘になった場合、そのまま破壊されてしまうこともある。

ドールの回収後について

回収されたドールは特研の監視下に置かれ、
修理や復帰が可能であれば、ポリスサイドのドールとして任務に就くこともある。

それらが不可能な状態の個体の行く先は…知らないほうがいいだろう。

  • 最終更新:2018-05-06 20:00:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード