よくある質問

全般的なこと

  • 世界観変じゃない?矛盾してない?
頭の悪い管理人が作ってるので穴だらけです。
生暖かい目で見守っていただけたらと思います。
何かありましたら優しくこっそり教えていただけると嬉しいです…

  • 交流できるかわからないけど参加できますか
世界観を共有し、同じ世界観の中でキャラクターを作成したり交流ができますが、交流は義務ではありません。楽しめる範囲内で無理せず遊んで頂ければと思います。

  • 交流企画ははじめてですが参加できますか
構いませんが、何か問題があった場合管理人は責任を負えませんのでご了承ください。

  • 管理人に突撃しても大丈夫ですか
構いませんが、教育上あまりよろしくない発言が多めで特に苦手なもののある方には向きません。
また、リフォロ100%ではありませんのでご了承ください。まずはプロフを読んでいただけると幸いです。
身内企画とかじゃないので、管理人と繋がっていなくても大丈夫です。

キャラクター作成について

  • 常に武器持ってるとか物騒じゃ…
  • うちの子常に武器持つような子じゃ…
あくまで「有事の際に使うもの」なので、普段から持ち歩かなくても大丈夫ですし、たまたまその場にあった、たまたまその時持っていた、などでも大丈夫です。

  • 武器で出るキッチンツールって何
フライパン、アイスピックなど個別で指定するよりも自由度ができて良いかなと思いキッチンツールとしました。自由な発想で武器を選んでください。

  • ドールや奴隷層って免許持てるの
持てません。富裕層~貧困層まではお金があれば作れます。
ただ、中には偽装書類などを持つ者もいるようです。

ドールについて

  • 生殖機能はあるの
その個体によって違います。ある場合も、ない場合も。
しかしドールに生殖機能は必要ないと思われますので、全体的に見ると無いほうが多いのかなと。
作った側の趣味や気まぐれによる所も大きいです。

  • バッテリーの交換ってできるの
できます。基本は体内に埋め込まれていますが、
時と共に劣化はしていきますので永く使うのであれば交換は必須です。

ポリスサイドのバディが決まっているドールに関しては、
バッテリーの交換を含む改造には持ち主から特研への依頼が必要です。

  • ドールが犯した犯罪は裁かれるの
ドールはあくまで道具です。
そのドールの持ち主が居る場合は持ち主が裁かれ、
ドールが単独で行った犯罪は特に裁かれることはなく(ほぼ事故の扱い)賠償は国が行います。
リミッターをつけたりと制限をつけても改善の余地が見られない場合は、ドールは廃棄となります。

  • ドールを人間に戻す手術はできるの
完全に人間に戻すことは難しいですが、臓器の移植などで人間に近づけることはできます。

  • 体の悪い人間がドールになるということなの
病気でも怪我でも、ほとんどは医療的措置で治ります。
中には治らない怪我や不治の病などもあるかもしれませんが「ドール化の改造」は「医療的措置」とは似て非なる全く別のベクトルのものです。
なので治療の選択に「ドール化」が入ることはまずありません。

例外として、被験者やその家族が金銭的に貧しい場合、
治療は受けられないが人形として扱われても生きることを望む場合は
闇医者などに被検体として自らを差し出すことでドール化手術を受けることもあります。

  • 今もドールの製造は行われている?
襲撃のあった研究所は未だ復旧の目処が立っておらず、
大規模な設備が存在しないためポリスサイドでの新規ドールの製造はほとんど行われていません。

しかし、今では闇医者などが氾濫し、非正規の未登録ドールの製造は未だに行われているようです。

  • 結局ドールって普及してるの
かなり実用まで近いところまで研究は進んでいたものの、
実用段階手前で研究所は襲撃され、プロジェクトは一時停滞しました。
なので一般的に普及しているわけではありません。
一般人の中にも存在を知ってる層がいる、程度に思っていただければと思います。

ポリスサイドについて

  • 特務・特医・特研のキャラクターは作れますか
  • 過去にプロジェクトに関わっていたキャラクターは作れますか
現在は作成できません。
また、修理や治療が可能なキャラも現在は作成ができません。
例外として、プロジェクトには関係なく「医療としての技術に関わっていた」キャラクターであれば作成可能です。

  • バディのいないドールを外へ連れ出せますか
バディのいないドールは外へ出ようとするとリミッターが作動し意識が落ちます(スタン状態)。
外へ連れ出すにはバディの申請をし、受理されることが必要です。なのでポリスサイドには積極的にバディを組んでいただけたら嬉しいです。

  • 武器が物騒ですがドールの破壊が目的なのですか
ポリスサイドの目的はあくまでドールの保護ですが、ヒールサイドやストレイドッグが素直に検挙に応じない時は応戦が必要になります。戦闘になることもしばしば。
また、ストレイドッグの中は違法に強化された個体も存在するため、戦闘特化型のバディも重用されます。

  • 戦闘で壊れたドールはどうなるのですか
基本はパーツをとったりするので回収対象となります。
ですが中には面倒がって放置したりどこかへ埋めてあげる警官もいるようです。ちゃんと仕事して欲しいものですね。

  • 警察官だし、拳銃って持ってるの
一応それぞれに基本的な装備品として警棒と拳銃は配布されていると思います。
ただ、特捜の主な目的はドールの保護なので、
扱い慣れたもの・殺傷力のないものをといった理由で個々で好きなものを扱っている場合が多いです。

  • ポリスサイドの人間は貧民層でもなれるの
それなりの学力や、それらをものにするための勉学に励む時間や資金が必要であるため、
現実的に厳しいのではないでしょうか…

  • ポリスサイドのドールにお賃金はでるの
報酬は出ませんが、メンテナンスを含む食事(栄養剤)、電気などの支給はあります。

  • バディいないドールは脱走できますか
バディがいないと外へ出られないので不可能です。
運良く外へ出ても、署の範囲外に出た場合断続的にリミッターが発動することになり、
…想像しただけでも怖いですね。

ヒールサイドについて

  • ヒールというほど悪いことができないのですが…
ドールは国の持ち物であり、血眼で探しているものです。
ドールの存在を黙って利用する、所持する、保護する、治療する、なども検挙の対象となりますので、ドールの存在にかすっていれば大丈夫です。

  • 元特務・元特医・元特研のキャラクターは作成できますか
  • 元プロジェクトに関わっていたキャラクターは作成できますか
現在はできません。
闇医者や闇ドール製造業のみなさんには闇ルートから技術を買ったり独学で頑張っていただくことになります。

  • ヒールサイドもバディを組めますか
生きる為に手を組む、仕事の為に契約する、などということはあるかと思います。
バディ(仕事上の相棒)というよりは契約者や仲間といったかんじでしょうか。

  • ヒールサイドの武器所持は検挙の対象になりますか
なります。ポリスサイド以外のキャラクターの武器所持は普通に銃刀法違反です。

ストレイドックについて

  • 元特務・元特医・元特研のキャラクターは作成できますか
  • 元プロジェクトに関わっていたキャラクターは作成できますか
現在はできません。

その他

  • ストレイドッグはポリスサイドのドールになれますか
ポリスサイドに回収されたストレイドッグのドールは再利用が可能と判断されればポリスサイドのドールとして活動することになります。
その際、新たなリミッターをつけられ、パルスが撃てるようになりますが、性格などには変化は起きないため退屈する個体も多いかもしれません。

  • ポリスサイドの人間、ヒールサイドの人間が改造されてドールになれますか
なんらかの事故や事件に巻き込まれる、自ら望むなどして新たに人間が改造されドールになることもあるようです。
ですが、現在ポリスサイドでは新たなドールの製造よりも未回収のドールの行方に力を注いでおり、ポリスサイドで生まれることは少ないようです。
稀に、ポリスサイドの人間が攫われドールに改造される事件も起きている様子。各自は注意されたし。

記憶について

  • 記憶喪失についての前提条件
ドールの記憶処理はこちらの本意ではなく、スタンダードではありません。
私の個人的な話になりますが本来ドールは「人間であるのに人間の扱いを受けない」ということで、ドールになるまえの記憶があること前提での設定でした。
(記憶がなければ人間とドールの扱いの差に悩んだりすることもなくなってしまうので)
NGは出していませんので可能ですが、まず「記憶処理はしないのが基本」特に「プロジェクト内での記憶処理は稀なケース」となることだけ留意をお願いします。

性格に難があったり、反逆の恐れがあったりといった理由もあるかもしれませんが、そういった手間を省く為、またドールを簡単に使い捨てにする為の「リミッター」ですので、本来は記憶の操作は必要ありません。
(ドールは基本使い捨てで替えの効く物の扱いなので、記憶の操作をしてまで手元に置く理由があまりありません)
(記憶を消して言うことを聞かせるのであれば、ドールでなく奴隷でもよくなってしまうので…)

・リミッターとは
制限装置であり、制御装置のことです。
動きを制限したり、脳からの命令を上書きし特定の行動を強制したりできます。
特定の条件下で自動に作動するものや、スイッチ式、音声認識など様々です。これらはプログラムとして受信機に送ることができます。
簡単に言えば、命令の受信機=リミッターです。

  • その裏側で
闇ルートで不法に製造されたドールに限っては、嗜好品として作られる場合もあるので、記憶処理されたものが好まれることもあるかもしれません。

  • 痕跡の残らない完全消去は可能ですか
技術としては可能ではないでしょうか。
ただし、「記憶の完全消去」を医学的措置として実行することはないと思われますので、一般的ではありません。
また、完全消去となると労働力として扱うのにも支障が出そうなのでプロジェクト内ではあまり行われていないのではないでしょうか。闇ルートではありふれているのかもしれません。

  • 命令の絶対遵守を刷り込むことは可能ですか
こちらはリミッターでプログラムが可能です。
常にリミッターが働き自らの思考が入り込まないレベルで絶え間なく作動させることはできます。
が、リミッターを使うと脳に負担をかけますので、脳が限界を迎えた時点でそのドールは壊れてしまいます。
また、催眠術のような形であればそれも可能だと思います。

  • 最終更新:2017-11-16 18:07:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード